蒲生食環協組合からのお知らせ

お知らせ

蒲生食環協組合の最新情報を掲載いたします。

蒲生食環協組合 新着情報

平成25年度越谷食品衛生責任者実務講習会(2013年11月22日)

平成25年度越谷食品衛生責任者実務講習会

11月21日

越谷市中央市民会館にて、平成25年度の食品衛生責任者の実務講習会が開催されました。

来年度書き換えの方が対象となり、234名の受講者となり会場いっぱいとなりました。

 

大山会長の挨拶のあと、埼玉県春日部保健所 生活衛生 薬事担当部長 小林誠一郎先生の講演を熱心に聴き、次に 元 埼玉県食肉衛生検査センター北部支所長 江崎あきお先生の講演を聞きました。

越谷の食の安心、安全に意識の高さが伺えました。

 

平成23年度 衛生検査 蒲生食環協組合(2011年05月27日)

平成23年度 衛生検査 蒲生食環協組合

 5月の26日に蒲生地区センターに於いて衛生検査の検便が行われました。

5月16日は越ヶ谷公民館

5月18日は桜井公民館

5月23日は越ヶ谷公民館

5月26日は蒲生公民館で行われました

 

最近の食の安心安全に対する意識が国民の中で高まる中で、生肉のO111による食中毒が発生したことにより、さらに安全がどれほど大切かが確認されました。

また、26日は最終と言うこともあり大勢の事業主さんが集まり衛生検査を受けていきました。

 

蒲生食環協組合からも7名の役員さんがお手伝いをしてくださりありがとうございました。

 

                  越谷食品衛生協会

埼玉東たばこ商業協同組合(2010年11月16日)

埼玉東たばこ商業協同組合

本年度の総会に於いて越谷たばこ商業協同組合は、春日部、幸手組合との合併を前提に名称を埼玉東たばこ商業組合に変更いたしました。

4月23日に春日部商業組合による未成年者喫煙防止キャンペーンが東武動物公園駅にて杉戸高校の生徒さん15名によって行われ、東武姫宮駅では杉戸農業高校15名、宮代高校70名、彰華学園高校15名が参加して警察、市役所、税務署等の協力により行われました。

6月24日には東武越谷駅に於いて県立越谷高校の生徒さん15名、県立越谷総合技術高校の生徒さん10名により未成年者喫煙防止キャンペーンが行われました。

11月11日には幸手駅に於いて県立幸手商業高校の生徒さん20名の協力で盛大に未成年者喫煙防止キャンペーンが行われました。

また、各地区でのタスポ普及活動や喫煙場所の確保活動も行われ、八潮組合では八潮市役所へ喫煙設備の提供がJT埼玉支店よりなされました。

越谷食品衛生協会(2010年11月11日)

越谷食品衛生協会

11月9~10日の2日間 食品衛生協会の研修旅行が開催され26名の参加がありました。

前日に大山会長が体調を壊され欠席となりましたが、清水副会長のリードにより2日間の工程を無事に終了することができました。

途中、日本最古の学校、足利学校を見学したり、大谷石の採掘場など、改めて見学することで、昔の良さを再確認したところです。

蒲生食感協組合からも組合長 関根弘良、副組合長千葉透、富塚茂雄の3名が参加してまいりました。

また、川治の温泉街には猿やキジ、そして紅葉の見事な色をだしており、参加者は声をあげてみておりました。

第59回埼玉県食品衛生大会(2010年10月18日)

第59回埼玉県食品衛生大会

平成22年10月15日(金)にさいたま市の埼玉会館小ホールにて、第59回の埼玉県食品衛生大会が開催されました。

蒲生食感協組合でも優良施設の部に三河屋酒店の磯貝行雄さんが県知事表彰を食品衛生協会長表彰には衛生功労の部で響谷政明さんと富塚茂雄さんが受賞、そして、優良従業員表彰にはセブンイレブン越谷一の橋店の竹川憲子さんが越谷でただ一人表彰されました。

この受賞を胸により一層の食の安全、安心を誓いあっておりました。

 

 

越谷食品衛生協会 実務講習会(2010年09月09日)

越谷食品衛生協会 実務講習会

平成22年9月9日、サンシティ小ホールにて午後2時より実務講習会が開催されました。

今年、来年書き換えのお店が対象となり、約300件のお店の責任者が講習を受けました。

講師には春日部保健所 生活衛生・薬事担当 課長 猪野富美子先生、また、(財)埼玉県食品衛生協会 朝野目和男先生をお招きをしてそれぞれ、45分間講義をして頂きました。

 

越谷食品衛生協会 東部ブロック協議会(2010年08月04日)

越谷食品衛生協会 東部ブロック協議会

加須の保健所にて,加須保健所長の挨拶があり、気温が高い時期、食中毒に注意が必要であり、食品衛生の重要性、組合の皆様の協力が大切との挨拶がありました。

そのあと、生活衛生薬事担当部長、須藤やすこ先生の講義があり、19年から導入された彩の国ハサップについての説明がありました。東部地区では103施設29名が加入しているとのこと、食品衛生優良施設確認制度にはどんなメリットがあるかなどの説明がありました。

衛生管理マニュアル作成のポイントや、施設設備の衛生管理、換気や空調設備が大切とのことでした。

越谷食品衛生協会からも飯山正男副会長、関根弘良、浅子徹二会計が参加しました。

越谷食品衛生協会 東部ブロック指導員研修会(2010年07月12日)

越谷食品衛生協会 東部ブロック指導員研修会

平成22年7月12日(月)市民プラザ加須に於いて、東部ブロック指導員研修会が開催されました。

生や加熱不足の肉・レバーに気をつけましょうと説明があり、平成21年9月に加須保健所管内での2件の食中毒の事件の事例の説明があり、病原性大腸菌O-157による食中毒、角切りステーキを加熱処理しないで提供していた。、また、カンピロバクターによる食中毒、加熱用の肉等を牛刺、レバ刺等、生で提供した。等の説明がありました。

細菌は熱に弱いため十分に加熱(中心部を75度C以上で1分以上加熱)をすれば安心です。

蒲生食環協組合からも、組合長 関根弘良、副組合長 千葉透、川上孝次、監事 木内政晴の4名が参加しました。

埼玉県食品衛生協会 6月25日(2010年06月29日)

平成22年度 第59回通常総会が県民健康センターに於いて開催されました。

越谷食品衛生協会からも大山隆庸会長をはじめ飯山正男副会長、関根弘良、浅子徹二会計が参加し、浅子会計は監査役として本部席に、立派に監査報告をこなしておりました。

 また、平成21年度厚生労働大臣表彰には若松さんが選ばれ、食品衛生優良施設には蒲生の砂場さん(鵜飼茂)さんが選ばれ、食品衛生協会会長表彰は鈴木豆腐店さんが選ばれました。

越谷地区交通安全推進事業所協会(2010年06月22日)

越谷地区交通安全推進事業所協会

平成22年6月22日(火)に午後4時から越谷コミュニティーセンター4階にて交通安全推進事業所協会の通常総会が開催されました。

稲垣勝三会長が議長を務め各議案をスムーズに可決させ、来年度の事業報告、予算も決まり、新しい年度のスタートを切ることができました。

会議の中で他の6団体の違いの質問が出ましたが、稲垣議長さんが明確に答えられ、総会は無事に終了いたしました。

また、ご来賓には高橋市長様、佐野越谷警察署長様がおいでになりご祝辞を述べられ、総会に花を添えていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

1 | 2 > 

ページトップへ